レーザーテックは開発が上手い

2020-07-03

ポジショントークでも何でもないのだが、開発力とマーケティングが上手い。
ちなみに弊社は韓国の顧客から開発が下手と思われている(マジ話)
マーケティングと上層部の人間に先見性が無いためと思われる

EUVマスクはその特性上、EUV光源でないと詳細な検査は難しい。
詳細は僕のnoteを買ってほしいw

https://note.com/takeboww/n/n247eb496e845

上手いなと思うのは、EUV光源をコア技術にした派生商品をいくつも開発しているところだ。

それぞれの装置の主要顧客は異なり、当然、装置に求められるものも異なってくるが、コアとなる技術は共通だ。
ニーズをくみながら自分たちが楽にできるように共通化されている
これらの派生商品はかなりの部分が共通化されており、それによるコストダウン効果も出ていると思う。

同じマスク欠陥検査装置でもEUV向けとそれ以外で外見があまり変わらない。
このあたりの共通化も上手いと思う。
(弊社この辺りがかなり下手だ。)

車で言うとマツダのスカイアクティブみたいな感じだ。
異なる車種でもプラットフォームを共通化する事によって
全体としてのコストを下げたり、余剰リソースを確保することができる。

中堅の自動車会社で車種もかなり絞っているから、スカイアクティブが実現できた。
また自動車は低付加価値の大量生産商品だ。
それに対してレーザーテックは高付加価値の多品種少数生産だ。
共通化しなくてもそれなりの利益率が黙っていても出るビジネスだが、うまく共通化できているので利益率が非常に高い。

レーザーテックの時価総額は1兆円近くあるが、従業員はたったの400人程度だ。
他の半導体製造装置メーカーは1万人ちかい従業員がいる。
EUVLという半導体業界のビックトレンドの中心に日本の中小企業が食い込んでいると考えるとなかなか凄い事かもしれない。