レーザーテック- 分析2

概要

レーザーテック社は半導体マスク用検査機を開発、製造しているメーカーである。
最新のリソグラフィ技術はEUVを用いたものであるが、そのEUV用マスク欠陥検査装置を世界で最初に開発した会社だ。

株価

財務諸表

売上など

バランスシート

キャッシュフロー

詳細分析

高い期待値の理由

レーザーテックの足元の予想PERは65倍、同業他社であるKLAは20倍前後と大きな隔たりがある。
マスク検査機市場全体で見ればKLAのシェアは50%程度あり、レーザーテックのシェアは15%程度と思われる。
それにも関わらず、このように高いPERがつくかというと、最新の露光方式であるEUV用のマスク検査機のシェアが100%だからだ。

データ量は今後も一方的に増えていくと思われ、半導体産業は長期的に年率5~7%程度の成長をすると言われているが、その中でもEUV関連分野は大きく成長すると予想されている。
例えばEUVレジスト市場の今後5年間の成長率は50~60%らしい。

https://news.biglobe.ne.jp/it/0331/mnn_200331_0821330489.html

それだけEUVで処理されるwaferが増えるという事で、露光機だけではなく周辺機器の需要もそれだけ増える。
現時点でこの分野の成長のほぼ全てを独占的に享受できると考えられているという事だ。

独占技術でぼろ儲け

一口に半導体製造装置と言っても、多種多様な装置があり、それぞれの工程で2~3社でシェアのほとんどを占めており、中にはほぼ独占状態の工程もある。
例えば、露光機では蘭のASMLのシェアは83%、塗布現像装置ではTELが90%などだ。
洗浄装置はある程度拮抗しており、SCREEN40%、TEL25%、SEMES19%、LAM15%となっている。
シェア20%程度なら40%程度、シェア90%なら60%程度の限界利益率になると思われる。
特にASMLのEUV露光機やレーザーテックのEUVマスク欠陥検査装置など、最新鋭の独占技術を使用した装置の場合、限界利益率は70~80%とかなり高いだろう。

レーザーテックの場合、2019年時点での粗利率は55%、営業利益率27%とかなりの高収益企業だが、2020年、2021年の粗利率は50%台後半に達し、営業利益率も35~40%に達すると思われる。
現在の売上ベースでは60%がEUV関連との事だが、来期は75%程度となり、今後も割合が増えていくだろう。

注意

営業利益率改善が停滞する

EUV関連で売上のほとんど(90%とか)を占めるようになってくると、営業利益の成長スピードが鈍化する可能性がある。
営業利益 = 粗利 – 販管費だ。
レーザーテックの利益成長が早いのは売上増に加えて、営業利益率の改善がある。
営業利益率の上昇はEUV関連製品による粗利向上が主な理由であり、EUV関連の売上がほとんどを占めるようになると粗利の向上は望めなくなる。
販管費の抑制は限界がある。
営業利益率の改善というブーストが剥がれたタイミングで成長が鈍化する可能性がある。
もちろん、高い成長を期待できる分野で独占的な地位についているため、成長が止まるわけではない。
しかし、グロース株は成長鈍化でプレミアムが剥がれてしまうため注意が必要だ。

EUVマスク欠陥検査装置で独占が崩される

もう一つの注意点は独占が崩された時の影響だ。
これほどの高PERが許容されるのは成長分野の独占が約束されているからだ。
独占が崩されると、プレミアムが剥がれてしまう。
後追いのメーカーが安売攻勢でシェアを切り取れる業界ではないのだが、ポジションを持っている身としてはPERが下振れすると非常に困る。
このあたりは安値で仕込んでいるバリュー投資家には関係のない話だが。

IRニュース一覧

以下が独断と偏見で選んだ株価に大きな影響を与えたであろうIRニュース

2015/2/3 2015年度中間決算説明会 (新中期経営計画とEUV関連製品について言及有)

https://ssl4.eir-parts.net/doc/6920/ir_material_for_fiscal_ym/29443/00.pdf

2017/3/21 次世代新製品の大口受注のお知らせ

https://ssl4.eir-parts.net/doc/6920/tdnet/1452136/00.pdf

2017/4/3 新製品 EUV マスクブランクス欠陥検査/レビュー装置 ABICS「E120」を発表

https://ssl4.eir-parts.net/doc/6920/tdnet/1455511/00.pdf

2017/9/21 半導体関連新製品の大口受注のお知らせ

https://ssl4.eir-parts.net/doc/6920/tdnet/1515290/00.pdf