筋トレメモ 20201002

メニューと感覚

ダンベルブルガリアンスクワット

片手5kg 10回3セット

左足でやるとグラグラする。
最終セットは余裕があったので限界までやってみた。
左も右も12回できた。
次回からは6kgで行う。

ダンベルベンチプレス

片手12.5kg 10回3set

2セット目以降の最後の1回でフォームが乱れている。
腕を上げる時に左右にかなりぐらついている。
次回も同じ重さで行うが、3セット10回が綺麗にできなかったら、次々回は10kgに落とす。
10kgに落とした後は最終セットで12回できるなら、また12.5kgに戻る

アシストバンド懸垂

10回 3セット

今日は肩甲骨のすぐ下あたりを使っている感覚があった。
1セット目は10回できた。
2セット目は9回
3セット目は3回、握りなおして5回までだった。

握力が持たなくなってるかもしれないので、次回からはパワーグリップを使用する。
足を後ろに持って来ているつもりだが、体を上げる時に大きく揺れている気がする。
それで反動がついているかもしれないので、反動が付かないようにまっすぐ上げる事を意識する

サイドレイズ

片手6kg 12回3セット

1セットめの12回からあと1回しかできないような感じがした。
懸垂で左腕の力が尽きたのか、ダンベルを持つ事自体がきつかった。
左腕が痛かったので最終セット8回までしかできなかった。
次回は5kgに落として行い、最終セットで15回くらいできる余裕があればまた6kgに戻す

ラットプルダウン

35kg 10回2セット

広背筋を使う感覚を忘れたくなかったので、実施。
懸垂の時は肩甲骨のすぐ下を使っている感じがするが、ラットプルダウンの時は腰に近いところを使っている気がする。
懸垂との違いを考えた時、胸の張り方に違いがあるように思えた。
ラットプルでは胸を良く張っているので、広背筋を使いやすい状態になっているのかもしれない。
逆に懸垂時は胸がやや縮こまって、肩や腕の力を使っているのかもしれない。
懸垂の時にもっと胸を張って、肘を腰にぶつける感じで行ってみる。

アブローラー

10回2セット

前回はバーを握らないで指に引っ掛けるようにすると、腹筋を使っている感じがした。
今回も同様にして、更に大腿部で体を引いてこないようにしてみた。
そうすると、腹筋にかなり力を入れないと、戻ってこれなくなった。
前々回と前回は腕と足の力を使っていたからきつくなかったのだろう。
しばらくこのフォームでやってみて、回数を増やしていく。

体の状態

体重:64.2kg
体脂肪率:24.3%

インピーダンス測定方式は全然あてにならない。
脱水症状気味の朝一番に測定すると体重が低く出る代わりに体脂肪率が高く出る。
朝ごはんを食べて水分を補給した後だと体重が重く水分が低く出る。

重量が伸びていて、体重維持あるいは微減なら、脂肪が減っていると解釈する事にする