サンアステリスク memo

圧倒的個性

正直、事業内容はよくわからなかったが、経営陣は個性的だ。

代表取締役の小林氏の経歴はとてもユニークだ。
高校中退後、バンド活動をして、その後ITエンジニアになる。
中国、ベトナムでエンジニアとして働きながら、ベトナムで企業。
このような経歴の人物はなかなかいないだろう。

財務表

PL

BS

CF

まとめ

スタートアップ向けの開発を行っている経験を活かして、企業のDX化をサポートしている。具体的に何が得意というのはよくわからなかった。
開発プラットフォームを提供している。
スットク比率が高いらしいが、このプラットフォームがストックビジネスにあたるのだろうか?
エンジニアでも私はハードウェアが専門なので、ガチなソフト領域になってくると全くわからなくなってくる。
数字を見て見ると高い売上成長率に加えて、現時点でもそこそこ営業利益が出ている。また営業CFも出ている。投資CFは2019年で増えているように見えているが、定期預金の預け入れが結構あり、グラフほどは増えていない。
設備投資をあまり必要としないビジネスのようだ。

2020

Posted by takeboww